キャッシングサービスを利用する側として、借入申請前の時点でチェックしておきたいポイントのなかでも、その見極めが難しいのが、審査基準です。各社それぞれが独自の基準を設定しており、その詳細が明示されることはありません。

残念ながら融資不可の判定となり、不満を覚え、その理由を知りたいと金融業者に問い合わせたとしても、回答する義務はありません。

「あなたには経済的信用度が不足しています」と暗に突きつけられるような、この結果に対する不安から、この便利なサービスの利用に踏み出せない方々も、ぜんざい的に大勢いらっしゃると思われます。

一方でネット上のいわゆる口コミサイトでは、無数ともいえる体験談が、各社の基準に関する見解やコメントを伝えています。

どの業者は借りやすく、どの業者は基準が厳しくて難しいなど、さまざまな情報が飛び交っていますが、これらに関しての信憑性には、残念ながら疑問符が切り離せません

極めて匿名性が強い環境のなか、あくまで一個人の主観と限られた経験だけで書き込まれる内容は、それが真実であったにせよ、万人に該当するとは言えません。

借入申請者が他社で多額の借入残高を抱えていた、勤務先での勤続期間が極端に短かったなど、文字にされていない側面が想定されます。こうした情報に関しては、あくまで参考資料としての参照が賢明です。

ちなみにすべてがその限りとは言えませんが、あまり馴染みのない名称の消費者金融業者の方が、名前の通った業者と比較して、融資可能の判定を取りつけやすい傾向があると言われています。

知名度で大手金融業者に及ばぬマイナスをカバーすべく、「他社で断られた方でも大丈夫」などの謳い文句で間口を広げ、新規利用者の獲得に力を注いでいる場合が推察されます。

ただし一方で金利が高い、最寄りのATMからの利用が不可で、支店など限られた施設へ足を運ばねばならないなど、デメリットが見られる場合もあり、冷静な判断が求められます。

いずれにせよ希望金額全額の融資が難しい時点で、後々の返済に窮してしまう可能性を、金融機関側が示唆してくれていると判断すべきでしょう。

利息で利益を得る、営利目的の金融業者は、確実な返済に不安がみられる利用者に、お金を貸すリスクを負うことはありません。

審査基準が甘いメリットをこれ幸いと、安易にキャッシングに及んでしまう習慣は、自ら大きなリスクを誘い兼ねず、自身に厳しい金銭管理が望まれます。

Comments are closed.

Post Navigation