155179

手持ちの現金が底をつく寸前、あるいはどうしても手に入れたい商品と金欠のタイミングで出会ってしまったなど、早急にお金があればと感じる場面は少なくありません。

これらはいわば自業自得であり、我慢すればやり過ごせますが、本当のピンチは、どうしても現金を用立てなければならない状態の場合、我慢だけではやり過ごすことができません。

たとえば突然の弔事、あるいはお祝い事が重なった、あるいは天災人災を問わず、招かざるアクシデントに見舞われてしまったなど、いずれもその可能性はゼロではありません。

経済社会全体では、随所でキャッシュレス化が進んでいますが、すべての場面でクレジットカードや仮想通貨が通用するとは限らず、通過である現金が必要となる場合が数え切れません。

ここで頭に思い浮かぶ、簡単にお金を借りる方法として、親兄弟の顔が思い浮かぶことでしょう。

そこは血のつながった肉親ですから、事情を話して渋々ながらも理解してもらえれば、希望する金額を用立ててもらえる可能性が、最も期待できる現金調達方法に違いありません。

ですがここで見過ごしてはならないのが「時間」すなわち、相手がこちらの希望する日時内に、確実にお金を準備から手渡す、あるいは送金してくれるかどうかに対する不安です。多くの家庭では、常にまとまった金額の現金を手元に置いているとは限りません。

金融機関からの振込送金、あるいは口座から出勤して準備する作業にも、相応の時間と労力が必要であり、特に一刻を争う状況下の場合、肝心の現金調達が「間に合わない」リスクが否めません。

さらにこうした状況が発端となり、両者の人間関係までがこじれてしまっては、それこそ取り返しがつきません。

そこで視野に入れたいのが、金融業者が提供するキャッシングサービスの活用です。業者からの借入イコール、利息負担や過払いのリスク、さらには返済不能時の取り立てに対する不安など、マイナスイメージが頭をかすめるのも事実でしょう。

ですがキャッシングサービスはあくまで、金融業者の信用調査すなわち審査を通過した利用希望者だけが、契約に基づき融資を受けるサービスです。

定められた返済期日までに、所定の返済金額を確実に返してゆけば、それが利用実績となり、利用限度額アップにつながるシステムが採用されています。

初回利用者のみ、一定期日内は無利息のキャッシングサービスなど、上手に活用すれば、自らの口座からの一時出勤と同じ感覚で、現金を工面することも可能です。

利用上の注意を正しく理解のうえ、ピンポイントで活用する価値は十分以上の、現代社会にマッチしたサービスであり、簡単にお金を借りる方法として、知っておいて無駄にはなりません。

Comments are closed.

Post Navigation